5人に1人の女性がまつげエクステを付けている時代


化粧を落としても、目がぱっちりとしていて魅力的な目になれるのがこのまつげのエクステの魅力です。大抵の女性は、メイクを落としてしまうと顔がぼやけてしまいます。でも、このまつげのエクステを付ければ、可愛らしくて活発的な印象の顔になります。毛の一本一本に取り付けていくので、まつげに負担がかからないのも魅力的です。エクステにはカールが付いているので、ビューラーでカールを付ける事がなくなり毛への負担も少なくなります。長さも6㎜から20㎜があり、自分の目に合った長さを選べます。カールのタイプも色々あり、カールが強くて上向きのものが良い時には、Cカールを選びます。ビューラーなども使いたい時には、CCカールを選ぶと良いです。他にもスーパーなどもあり、より美しいカールを選ぶ事も出来ます。

まつげエクステは毎日のように外す事が無いので、毛が抜けたり痛める事も少ないのも魅力です。途中に休憩する期間を設けて、まつげへの負担を少なくします。サロンでの施術をする人は、美容師の資格が必要です。今では、日本の女性の5人に1人がまつげエクステをしています。ネイル感覚で行う人が多くなり、手軽にメイク感覚でやる人もいます。モデルや女優の中にも、このエクステを多くやっている人がいます。この時期に怖い乾燥を防ぐ効果もあったり、ビューラーを買わなくて済むようにもなります。まつげエクステを付ける事が上手く、リピーターも多くいるというカリスマ店長がいます。有名な雑誌モデルも通い、多くの雑誌にも紹介されています。5年前に独立して、表参道の場所にお店をオープンしています。カールが違うタイプのものを組み合わせて付けていくという方法で、片目80本ほどを付けていきます。園店長は、控えめな本数で施術をしてくれます。過剰に本数を多くすると、とても不自然な目元になってしまいます。そこが、カリスマのならではのポイントです。

そのカリスマ店長は、養成スクールも行っています。そのスクールでは、毛髪や皮膚などの講義を行います。安全に行う為に、衛生学なども教えています。実技では、あえて難易度が高いという難しいまつげエクステに対する対処法を教えています。高度な技を身に付けられると人気があります。より素敵な目元になれるモテまつげもあります。そのまつげのエクステを付ける時に使う接着剤にも色々なタイプがあり、皮膚が弱い人でも対応するものもあります。エクステを取る時にも痛くないという接着剤を使って、サロンではまつげエクステの施術をおこなってくれます。